離婚方法

 
@本当に闘う準備ができましたか?
※民法770条1項1号〜5号を主張し証明する準備はできましたか?
※相手方のしてくるであろう主張に対して、反論・証明できる準備は出来ていますか?
※財産分与(共有財産・実質的共有財産・特有財産)を明確に示す準備はできましたか?
最後にもう一度、すべての資料を最終確認してください!! 
相手に話をした時点で相手は動きますから、これが最後の確認となります。
漏れがないかを最後に確認してください。

A協議離婚するか、調停や訴訟で争うのか決めましたか? 
協議離婚するときは、夫婦間に生まれた未成年の子についての親権者の指定と養育費、婚姻中に作られた夫婦の共同財産を清算する方法などについて、夫婦が話し合いによって整理し、そこで決めた内容を離婚 公正証書など契約書に定めることが行われます。
離婚に関する各条件を公正証書に定めるときは、個々の条件を明確にします。
財産分与・年金分割・親権・養育費・面会交流等について公正証書作成の書面の下書きを作成しましょう。

私が浮気調査でクライアントとホテルに突撃する場合(X-DAY)をする中で、双方の合意を頂き、協議の場に立ち会うことがあります。その時は、双方の話し合いを合意書として作成します。

内容として、
@ 不貞の事実確認
A 子の親権と離婚の合意 
B 面会交流
C 養育費
D 特別出費(甲が子の傷病による入院、小、中、高、大学への入学等その他の事由により、子のために特別の出費をしたときは、乙は甲の請求に応じ甲乙協議の上、その費用を支払う。)
E 慰謝料
F 財産分与
G 年金分割
H 清算条項 等をまとめて合意書面として作成します。
(この行為は、非弁行為ととられる恐れがあるため、双方の合意を頂いたうえで、公平な話し合いが取れない場合は行いません。) 

弁護士を専任するか、家事調停や不貞の相手方がいる場合は地方裁判所での裁判となるため弁護士を専任することをお勧めします。

離婚の一連の流れは、クリックして表をご覧ください。

弁護士の選任方法


 本当に難しいのが、弁護士の選任方法です。
過去、私も弁護士探しには本当に苦労しました。 
家事事案や民事事件を経験したことがない弁護士はないとは思いますが、専門分野外の弁護士は、それなりの対応しかできません。

医師なら、内科・外科・小児科・整形外科・耳鼻咽喉科等々専門分野に分かれていますが、弁護士のホームページを見ると家事・民事・刑事・企業法務・交通等々並べれる限り並べられており本当にどの分野でも可能と思いがちなのですが、私が多くの事件で相手方の弁護士の戦略を見ている限り、本当に弁護士ですか?という方もいます。
その中でシッカリと相談者の話を聞き、的確なアドバイスや戦略を明確に打ち出してくれる弁護士がいい弁護士だと思います。 

依頼者様の事案の95%を当社の顧問弁護士を代理人として専任しています。
当社顧問弁護士の場合、依頼者様が様々な場面での連携が出来ているので安心できますし、適当な処理をされることはありません。
私が法律に詳しくなり、依頼者様に少しでも結意義な結果を出せるのも、いい弁護士との出合があったからこそだと思います 

調停・審判

 
 作成中につき、ご迷惑をおかけしております。