平松総合調査事務所の所在地及びアクセス


  当社事務所は商業地ではなく、和歌山市の西部・磯ノ浦と加太の中間位ぐらいの場所、それも山間地にあります。 御来所の方からすれば「なぜこのような場所」と言われるのですが、依頼者様のプライバシー保護の観点・ゆっくりと事件に向かい合う為というだけでなく、平松が目指す面会交流支援やピアカウンセリングの充実を考えた結果、この地にたどり着きました。
ご利用者様にはご不便をお掛けしますがご理解のほどよろしくお願いします。

和歌山県公安委員会届出 第65170006号
総合調査機関 平松総合調査事務所 本社    
所在地 〒640-0111 和歌山県和歌山市日野33番地
TEL  073-459-0666 / 携帯 090-8528-0708 

 
 
車でお越しの場合
携帯ナビ・カーナビ等で 「和歌山市日野33番地」で設定してください。

平松総合調査事務所への案内1 県道粉河加太線 つつじが丘付近平松総合調査事務所への案内2 日野への入口
※一部のナビは、つつじヶ丘からの道を案内する場合がありますが、つつじが丘口を超えて1つ目の信号を右斜めに入りすぐ右折してください。(写真参照)
平松総合調査事務所への案内3平松総合調査事務所への案内4
美容室コスモを通過し直進 一本道です。 
平松総合調査事務所への案内 日野自治会館当社事務所
右側 日野自治会館が中間地点です。                  当社事務所は左手にあります

 バスでお越しの場合
 南海バス 175 深山線 和歌山大学前駅西口~坂田 又は75 深山線 南海和歌山市駅~坂田 共に日野口
 にて下車してください。 日野口バス停より北へ500mほど入ったところです。

 電車でお越しの場合
 最寄りの駅は、南海電鉄加太線 二里ヶ浜駅と加太駅です。
 地図アプリで検索すると「磯の浦駅で下車」と誘導するアプリがありますが、危険な山道を誘導する為
 おすすめは致しません。また道路の整備・街灯等の設置がされていませんのて゛、二里ヶ浜駅・加太駅から
 タクシーで1メーター弱の距離です。
 
 最寄りのタクシー会社 
 ・第一交通 加太営業所 073-459-0069 17時過ぎまでです。 
 ・第一交通 松江営業所 073-452-2287 24時間営業 
 ※二里ヶ浜駅には、タクシーが常駐していません。事前にご予約をおねがいします。

・築140年の古民家(門屋敷)をリノベーション

当事務所がある日野地区は、県道粉河加太線より一本入った14軒程の集落の7分目ぐらいにありますので、人目を気にする必要一切なし。又不審車両が入ってきた場合、自治会設置の防犯カメラで撮影しておりますので、安心してご利用いただけます。 

平松総合調査事務所正門平松総合調査事務所入れ口
 事務所棟  門を入り左側が事務所スペースです。
平松総合調査事務所内平松総合調査事務所応接室
 各種法律関係書籍・調査資料は数百冊以上あり、依頼者様限定で貸出も行っています。
 

・母屋棟

音楽・飲食・仏教が融合した施設となっています。
平松総合調査事務所内平松総合調査事務所母屋展示棟
門を入り正面が母屋棟になります。
平松総合調査事務所内依頼者専用Caféスペース平松総合調査事務所内依頼者様専用飲食ブース
昔ながらの土間に休憩スペース・バーカウンターが設置されており、コロナ終息後ご依頼者様がご利用いただくことが出来る飲食スペースとして開業する予定です。
平松総合調査事務所内商談スペース平松総合調査事務所内LIVEスペース
慣れ親しんだ依頼者様と気分を変えての打ち合わせやアコースティクのLIVEも可能です
平松総合調査事務所内ラスプスペースPA1平松総合調査事務所内ラスプスペースPA2
YAMAHA デジタク                  フェスやホールで使用されているPAシステム
平松総合調査事務所内ラスプスペースPA3平松総合調査事務所内ラスプスペースPA4
使用機材 
 JBL SOUND POWER SP225-9 ×2
 JBL SR-X SERIES SR4719X ×2
 LAcoustics MTD115b×2 (メインにしてもいいぐらい大好きなスピーカーです。)
 デジタク YAMAHA LS9
 アンプ アムクロン l.TECH12000×3台
 Pioneer DDJ-AR
 プロジェクター・100インチ電動スクリーン
 その他
 音場は、メジャーなアーティスト A・HさんのLIVEを手掛けている方にセッティングをして頂いています。 

・仏教との融合

  当社代表者の平松直哉は、高野山真言宗参与会正会員 真言宗金剛山常住院・満蔵院に籍を置き、西国三十三所霊場会公認大先達・洛陽三十三観音霊場会公認大先達・京都十二薬師霊場会公認中先達・タイ仏教界公認先達をしています。
全国津々浦々の神仏霊場を巡礼する中で、常住院のご住職様より頂いた名前が「道教」と言います。
道教とは、人に正しい道を悟し、教えてゆくという意味で道教なのですが、その名に恥じなく心強く進んでいけるのは、真言密教の教えとタイ仏教の教えの両方と戒律を守りながらだと思います。

タイ仏教界寄贈 日本最大の仏像
そして我が家には、タイ仏教界の承諾のもと寄贈された日本最大の仏像と真言密教の仏像が100体以上安置されております。 

・黒木昭雄公認 遺族公認 公式 捜査するジャーナリスト黒木昭雄記念館


 経歴
1976年3月修徳高等学校卒業
1976年4月警視庁採用 巡査拝命
1977年4月 警視庁警察学校卒業、本富士署配置
1983年 この頃巡査長
1986年7月 警視庁第二自動車警ら隊へ異動
1995年2月 警視庁荏原警察署へ異動
1999年2月 巡査部長に昇任。退職
警察ジャーナリスト、探偵、元警視庁巡査部長
1957年12月19日 - 2010年11月1日

 23年間の警視庁在籍中、23回もの警視総監賞を受賞。退職後は、捜査するジャーナリストとして、警察内部の様々な問題や世間を騒がせた事件などを独自の視点で解析し捜査していた。
そんな黒木氏と平松は、黒木氏が警察ジャーナリストとして活動する11年間の内9年間を共にした仲であり、その間多くの報道活動をする以外、唯一黒木昭雄公認で写真を撮り続けてきたのが平松です。
その写真は、栃木リンチ殺人事件―殺害を決意させた警察の怠慢と企業の保身 (新風舎文庫)、神様でも間違う(インシデンツ)の著者紹介でも使用されている。 又臨界点(講談社)/神様でも間違う(インシデンツ)の本文内でも平松が登場しています。心から信頼できる仲間だったのですが、2010年11月2日 千葉県市原市にある黒木氏が尊敬した父親が眠る場所で死亡しているのが発見された。そんな黒木昭雄が自らの命をもって訴えたかったこと。最後に彼がジャーナリスト声明を掛けて闘った岩手17歳少女殺人事件等がここに展示されています。

・平調・盗撮犯罪防止ネットワークの活動の歴史を展示しています。

昭和・平成・令和時代を駆け抜けてきた探偵の歴史でもある多くの機材と資料・そして社会貢献事業として位置づけて20年間活動してきた、全国盗撮犯座防止ネットワークの報道資料・そしてあの大ウソつき代議士の実態とそれを裏付ける真実を含む膨大な資料を公開しています。 

※コロナ終息までの間、ご依頼者様・ご相談者様・その関係者以外の方の見学・参拝はお断りしています