平松総合調査事務所は、他社の探偵学校や探偵スクールとは違います。

 多くの方から、「探偵学校に行かれたのですか?」や「探偵になるにはどうすればなれるのですか?」と聞かれるのですが、私は探偵学校など行かず、すべて独学と試行錯誤の繰り返し、多くの現場で学びました。

今現在でも現場で学ぶことばかりと痛感して感じています。 
そんな探偵業について、通信や数か月間学んで簡単にできるのなら苦労はしません。


私が活動拠点を置く和歌山でも、多くの探偵事務所が出来ては廃業の繰り返しで、実際のところ探偵業として生計を立てれるところは、数件だと思います。

中途半端な素人が安易なにわか知識で出来る仕事ではありません。

それだけ探偵という特殊な職業だけに、本来持っている勘・判断力・行動力・そして何をするにしても様々な分野に関する知識と常に探求心と、本物の現場で一から一つ一つ学ぶという経験があってこそ出来るものだと思います。

探偵業法上で、不適格者以外はだれでも届出をすれば探偵業が出来ます。
「尾行・張り込み・聞き込み・それに準ずる行為」として方法は認めらてはいますが、それら手法を覚えるには経験を積むしかないのです。
だから、当社で行っている探偵塾は、学費をいただいて教える中途半端なものでなく、経験をシッカリと学ぶ場を与えて教える物です。

時間を割いて教えまた現場で教えるのですから失敗した時の責任も私が負うので、一次審査・二次審査、仮入校・そして実践で学ぶという厳しい子弟制度を採用しています。


探偵技術


●尾行
尾行と言っても、徒歩尾行・車両尾行の2つの方法があります。

徒歩尾行の場合
商業地・住宅街での張り込み、徒歩にて尾行をするのですが、対象者にバレない様につかず離れず、撮影しながら追撃していかなければなれません。
バス・電車・タクシー・飛行機で移動するのを追いかけるのですが、尾行中ピックアップされることが多々あります。
そんな場合、その状況を撮影しながらタクシーや別の調査員との連携で継続して尾行しなくてはなりません。

見失ってしまったらそれで調査は終了となります。
チャンスは2度とないかもしれませんし、次が何時かもわからない状況に陥ることが多々あるんです。

角を曲がったのをついていったら見失ったって本当によくあることです。
この場合、対象者の行動を予測してどんな準備をするのか?下見をするの必要ですし、対象者の行動を予測しての準備も必要となりますが、それ以上に経験を積み同じ失敗を繰り返さない様にしなくてはなりません。 


車両尾行の場合
調査車両が数台ある場合は、ローテーションを繰り返し一般車両をはさみながら、対象者を追跡していかなくてはなりませんし、その状況を丁寧にぶれない様に撮影していきながら尾行しなくてはなりません。
また事故なんて犯したら調査どころではありません。

では、どの様にしたら撮影しながら尾行が出来るの?
これは一般道ならまだマシですが、高速移動しながら撮影、それも朝夕なんて言ったら最悪。
そんな中を私達は尾行しているのですが、素人が安易にできるものではありません。
報告書を作成するときに苦労をしなくてはならないのです。 これも安全を確認しながら運転と撮影をしなくてはならないのですが、経験が未熟な方に出来ることがありません。これも経験です。


●張り込み
張り込みは、商業地・住宅街により張り込みが出来ない場所もあります。
またホテルなどの場合でも、長時間車内で張り込むのですが、3時間・6時間・8時間と長丁場になればなるほど張り込みは難しくなります。

梅雨・夏場・冬場の張り込みは、時歩であっても、車中であっても辛いものがあります。
長時間張り込んでいるだけで通報されることも多々ありますし、気を抜いた隙に対象者に動かれることも・・・

それでもその瞬間を撮影するためには、一瞬の気の緩みも許されないのですが、夏の暑いとき、エンジンもかけず車内でカメラ片手に張り込むのですから、命掛けになることも。

そんな過酷な状況は経験したものしか分かりませんし、その場をどう回避しながら調査を最後までするかなんて口頭だけでは覚えることは出来ませんし気力と体力勝負となります。


●聞き込み
近年、個人情報保護法や防犯意識の高さからか、情報は簡単に入手できるものではありません。
私は、この地で長年にわたり気づいて来た信用と、元依頼者様が様々な職種につかれているので得られる情報もありますが、エリア外に出るとそう簡単に情報が入るというものではありません。

また探偵業法で定める聞き込みは対面による聞き込みと限定されています。

そんな法律があるため、現地に出向き聞き込み調査を実施するのですが、場所的に親族一同が密集する場所や新興住宅地、マンション等、近隣住民との関係性がない方も多く、これらの場合情報の入手は増々難しくなってきています。

また、関西以外で聞き込みする場合等、言葉の違いや場所に合わせたスタイルなど、簡単にできるものではありませんしその地を知らずして聞き込み調査が出来ない場所もあります。

 同じような情報収集でも、報道取材と探偵の聞き込みとでは、聞き込みの仕方が違うのも、聞きこみ調査の難しいところです。


●法律と知識
探偵業にとって、法律という知識は、必ず勉強しなくてはなりません。

法律という知識も知らずに探偵をしている素人がどれだけいるか・・・
的外れなやっつけ仕事をしている探偵社の大半は法律を知らないといっても過言ではありません。
また親族法だけでなく、憲法・民法・刑法・商法・条例など、様々な分野に関する知識(医学・精神・電波に関する知識等々)に対す対する知識が必要となってきます。


●カメラ技術
通常の探偵社は、そこまで機材に対する知識は必要としませんが、映像に拘る当社なら適当に撮影すればいいというものではありません。
ハンディーカム・一眼レフ・様々な高感度CCDと100本近くあるレンズを使いこなし、場所・時間を問わず対象者に参ったを言わせるための映像を撮影する、0.01秒の瞬間を逃がさない、取りこぼしをしない徹底的な撮影が結果を導いています。
そのためにはカメラ技術は必要不可欠です。

そんなカメラですが、メンテナンス・カメラの性能・撮影技術を覚えるだけでも最低数年は掛かると思います。

・平調が教える探偵塾とは。

先にも書いたとおり、腰掛程度、にわか探偵がこの業界を出来るものではありません。

リスクあり、危険なことあり、人の人生が掛かっている仕事なだけに中途半端な人に探偵技術を教えたり、半端な教育冊子で表面的なことを教え利益を得るという考えは当社にはありません。

本気で問題を解決する難しさや、泣いている依頼者が笑顔で新しい人生のスタートまでエスコートする大変さを覚えていただく為に当社では厳しいハードルをあえて設けています。

その為に、授業料は一切頂いていませんが中途半端な人物は最初から受け付けておりません。
心技一体の教えは、かわることなく、一から指導するものですが、入学研修期間最低6ヶ月・実践研修期間3年間を掛け、5460時間以上の時間を掛けて基礎から学んでいただくシステムです。

・独立開業支援