盗撮犯罪から身を守る方法

盗撮犯罪から身を守る最大の方法は盗撮犯の手口を知るしかありません。
「手口と実態」のページであえて盗撮映像を公開した本当の理由は、犯人の視点を知って頂くのがまず第一歩だからです。

浴場・脱衣所・露天風呂盗撮の手口

 カメラの設置場所分りますか?
 答えは写真をクリックしてください。



-浴室・露店風呂-
撮影犯は入浴セット等の内部にカメラを仕込んだ機材で盗撮を行っています。 
被写体を追いかけて撮影するため追い撮りといい、 人の多い時間帯を狙い犯行を実施しています。
時間に関係なく人の多い時間帯に行っていますので、極力人の多い時間帯を避けるのが無難です。

-脱衣所-
脱衣所での撮影は、カバン等に入れたカメラや、お風呂セットを、棚、ロッカーの中段〜下段の内部・床などに置き撮影する為、置き撮りという撮影方法で撮影しています。 
長時間脱衣場にいる人物や、不審物を見かけた場合、お店の方にお伝えして内部の確認をして頂くようにして下さい。

-露天風呂- 
露天風呂での盗撮は、お風呂セットを持ち込んだ撮影以外にも、望遠カメラ等を使用しての盗撮、施設の人物が関与している場合換気口からの盗撮があります。この場合、残念ながら被害者側が対策する方法はありません。 望遠盗撮については、見晴らしのいいところは盗撮犯から見ても見晴らしがいいので、タオル等でディフェンスを心がけて下さい。

トイレ盗撮の手口

               ※右側の写真をクリック
トイレ盗撮は、和式・洋式によって若干の違いがありますが、隣のトイレとの間にある壁の上・下に隙間があるトイレは、その隙間から鏡を覗かせてのぞき見る方法や、汚物入れ、掃除用具、芳香剤・水洗タンクの下・換気口・洋式トイレの場合、赤外線センサー部分等に設置されていたのは当会の母体が企業からの依頼で実施した調査の中ででも確認しています。 又海水浴場のトイレの場合、スダレやポスターの穴というのもあります。  
盗撮映像のレスなどを見ると、綺麗な方が排出するのが興奮するという風に書かれているのが多く見られます。 マニアの視線は、顔・陰部・スタイルの全景の撮影するため2カメ・3カメというのが多く、トイレの前で長時間人が居る場合などは、出てきた人物を撮影している場合が考えられますのでご注意下さい。

エスカレーター盗撮

エスカレーターは、前向いて乗るのが普通ですが、横を向いて乗るだけで後方の人物からの撮影は阻止できます。 但し転倒等の危険性がありますのでエレベータの手摺りをもって、安全には注意して下さい。

ホテル盗撮

※写真はイメージ素材です。
ホテル盗撮といっても、ラブホテル・モーテル・カップルルーム・ビジネスホテル・旅館・簡易宿泊施設・民泊と様々な宿泊施設の盗撮映像が出回っています。
その中でディフェンスを掛けるということは不可能なのが現状です。
ラブホテル系で説明するとしても、マジックミラーをはじめとして大掛かりのモノもあれば、偽装品カメラ等を考えれば電源の心配なく設置できるため、ハードディスクを設置し長期間に亘り高画質で盗撮していると言ったモノもあり何にでも姿を変える盗撮機器を説明することは不可能に近いというのが現実です。 そこで、今回はマジックミラーと鏡の違いについて説明します。

これは原理を説明するために当会で作成したボックスです。 鏡の前に壺型ライターを置き部屋に見立ててみました。 鏡の向こう側は見えず、中からは丸見えの状態なのは画像をクリックして頂いたら分かると思うのですがこの鏡の内側から撮影しているのが、マジックミラー盗撮なのです。
では、マジックミラーと鏡の見分け方には何の道具を使用することなく指一つで確認が出来ます。
鏡に指の先をつけてみて下さい。 


本物のガラスに指をつけた場合、爪の先が確認できます。

マジックミラーの場合、爪の先がガラスに付くことで判明します。 この場合中が空洞がどうかクック等をして響き具合を確認し空洞の場合、警察等に相談してみて下さい。

盗撮発見器
よくお問い合わせをいただく盗撮発見機器について説明します。
当会の運営母体は平松総合調査事務所という探偵社の為、盗聴・盗撮の相談で依頼者宅にお伺いするとまがい物の機器でノイローゼが悪化したという方が多いのですが、盗撮においても同様です。

盗撮カメラを探す為に簡易な機器でも十分に使用できますが、有線式や直録式の機器を探すのに無線式の機器を使用しても有効な探索方法ではなく無意味な物です。

電波式盗撮の発見方法
電波式盗撮は、言葉の通り電波を使用して盗撮行為を行っているため、使用されているであろう帯域を受信し映像確認できるものであれば一目瞭然で発見できます。

WCH-350X
この機械は使い方は簡単。初心者の方でも簡易に探すことが出来るます。
900-3,000MHzおよび5,000-6,000MHz (ISM-Industry Medical Science-バンドをメインとしたビデオトランスミッター使用周波数)帯域をカバーしています。 ただUHS・VHF帯域を使用した機器には対応していません。



携帯電話のカメラ機能を使用した赤外線盗撮を確認する方法
必要なものは、携帯電話だけでOKです。
 


携帯電話のカメラを使用した赤外線盗撮の確認方法
大半の携帯カメラは、赤外線領域を撮影することが出来ます。 
家庭にあるリモコンの送信部に焦点を合わせて見て頂きリモコンのボタンを押すと、肉眼では見えない光が確認できます。 ラブホテル等での盗撮発見に有効な方法です。、


SCH-60

光学式盗撮カメラ発見器です。レンズの反射を利用して隠しカメラの存在を目視で確認できるため、誰にでも簡単に扱えます。
この様な機器をたった一回の調査で購入するのはという方は、100円均一のお店で販売している指向性のLEDライト・赤色セロファンでも代用できます。
 当会で使用のFLASH SCOPEUを使用し無線・有線式のカメラを探しています。 
 
 わずか1mm程度のレンズも光を焦ることでレンズの表面に反射して光が跳ね返ります。
 これで室内の偽装品カメラはすべて発見できますが隈なく見ていく根気のいる作業です。
 
 ただ浴場施設等での使用が出来ないのが難点であり使用すると不審者になりかねません。
 

 index

当会について

MEMBER 会員限定