・探偵業界の求人の実態

・探偵業界の雇用
探偵業の雇用は敷居が高いのが実際の所です。
当社でも同じなのですが、雇用の人材選考にはかなりの時間を使いスタッフを雇用していますが、普通の業務と違い、教えることに多くのリスクと危険があります。
探偵になろうという方は、「小説に出てくるカッコイイメージと憧れで来る方」、「仕事がないから軽い気持ちで来る方」が大半でその業務内容を知らない方が大半。 この業界は思っている以上にキツイ仕事です。一昔前の言葉でいうと3K 「きつい」「汚い」「危険」のが探偵業なんです。
そこで表面的な探偵技術とフランチャイズ形態をビジネスモデルとして探偵学校がたくさん出来たのですがその実態は酷いものです。

・某探偵学校系フランチャイズ某社の場合
過大広告は凄くいいが実態は本当に酷いらしい。
過去、その学校を卒業して当社に面接に来た方数名にお伺いしたところ、探偵学校とは名ばかりでほぼ尾行の実技が中心・実務の中で行なう探偵業務なんて本気で教えていない。いゃ実務をしているものからしたら本当のところは犯罪の幇助であったり危険行為をさす内容だから教えられないのが現状なんだとは思うけど、適当に教え卒業となれば各都道府県のエリアをコマ売りにしてFC加盟金数百万・商標使用料・月各ロイヤリティー・半強制広告費・管理費という本部からの販促物販の購入等々。「社員募集」の求人を見て応募した方数名にお伺いしたところ、根性とやる気を試すためにと称し膨大なビラまきをさせその結果、「配布にムラがある等々」のお叱りを受け辞退に持ち込むといったといった内容の話を複数の方から聞きました。またその社に努める方から聞いたところ販促ビラの購入についても本部からさせられることから経営の苦しいところは配布バイト代を浮かすために求人募集と称し配布させているらしい・・・

・某元訪販系探偵社の場合
 【調査員募集】
調査員募集でその探偵社に入れば、まず最初に「自分の仕事道具だからと調査機材をほほ定価で購入させられる」・・・こぁこの点は一部間違いではないとは思うが道具ぐらい会社で準備するのが普通でないかなと私は思う。
機材といっても、市販のビデオカメラといっても本体・予備バッテリー・変更レンズ・レンズカバー・メモリカード・三脚やリモコン・カバンカメラの加工等々で最低でも十数万円からのお金掛かります。 そして車両は自己車両、会社からの負担は燃料費や高速代の負担だけとそれ以外は自腹らしい。機材にしても車両にしてもメンテナンスも含めて調査のクオリティーにつながるんだからとは思うがどうなんだろうか? 当社では調査に使う機材はすべて会社で準備しているのですが、当社でも赤外線域対応の電動ズームレンズなんか180万円もする。取り扱いの不備で破損なんかしたら凄く痛い出費ですが会社が出していますし、調査車両で事故した場合なんかでも自社で直し、相手やSTAFFへの補償、そして保険等級が下がり保険代が上がっても社員に負担をさせたことはないです。これが普通だと思うのですが? 
また現場調査員には、営業担当者との接触はさせない様、事務所を振り分けて確保しているため調査の現場数はこなせても受任部分は一切覚えることはできません。

【営業】
営業部門に入社したら調査実務は教えません。 営業業務だけです。あとはノルマとの戦いで調査の詳細については情報を与えないようです。

【テレアポ営業】
電話相談は聞き役のテレアポ担当が対応します。それを営業部門に渡すだけなんですがテレアポにもノルマが課せられています。
だから自分の電場番号を教えいつでもつらい時お話をお伺いします・・・親身に聞きますがそれもノルマがあるからです。

それ以外にも各社によって嘘だろって思うことも沢山があるのが現実です。
調査会社と言っても結局のところ、ぺらぺらなんですよ。

・我流探偵平松だから教えれる本物の技術があります。

 当社は、同業者から見て私のところは、「キツい・厳しい」という評判以上に「さすが平松とこにいた」という評価もあります。厳しい先には、身につけた分、努力した分、依頼者のために本気で怒り、本気で悩み、汗をかいた分、必ず未来があります。それが我流探偵平松と強気でいえるところです。

・当社には独立支援制度があります。
未経験の方でも当社で経験を積み、将来的には好きな土地で事務所を開設という道もあります。
探偵業の基本から、プロの探偵として独立開業するまでしっかり指導します。
相談業務/カウンセリング業務、撮影技術、尾行技術をはじめとして素行調査・興信(聞込)調査・盗聴/盗撮調査の全般の実務と営業方法のすべてを探偵業28年間無敗訴の実績を築いてきたリアルな姿を実際に側でみて、リアルな現場で学び実践することが出来ます。
 但し、現場に入るには危険とリスクがある為、必要最低限の基礎を学び依頼者に許可を頂いた場合に限り現場で勉強して頂けます。
また当社は利益目的の無責任な探偵学校と違いリアルな探偵業務の為、中途半端な気持ちでは出来ませんが本気で夢を現実にしたい方は一人前の探偵になるまでレクチャーします。
 探偵に憧れをお持ちの方、誰かの役に立ちたいとお考えの方、情熱と責任感、根気がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

・募集条件

・18才以上の独身男女
・普通免許必要
・欠格事由
既婚者不可/他社経験者不可/ 多重債務者/自己破産者で復権されていない方/組織暴力団構成員/右左翼団体構成員/総会屋関係者/禁治産者/精神的な障害がある者及び、安定剤、抗うつ剤、薬物常用者/過去5年以内に、罰金刑以上の罪を持った者

・審査

・ ハッキリいいますが、当社への入社は、簡単ではありません。又学歴や経歴で判断するのでなくその方自信をみます。人を見るのが職業ですから独自の視点で面接させていただきます。

当社は応募者に対しては、公平に受付をしています。
第一審査 
書類審査 写真付履歴書・志望動機書を当社和歌山本社まで送付して下さい。

第二審査
面談審査 当社和歌山本社にて面談を行います。

第三審査 
社内調査 当社指定の書類を提出後、面接者の同意を得て当社にて雇用調査を実施します。

研修   三次審査に合格した方は、当社事務所にて6ヵ月間の適応研修を受けて頂きます。
 
入門許可 門下生として当社内にて最低3年間の住込みをして頂きます。
予定のカリキュラムは、3年間です。
その間に探偵としての基本を徹底的に覚えて頂きます。
24時間365日×3年間 あとは本人の意欲次第です。
当社が門下生の方に与えるのは勉強して頂く時間と現場(調査・営業・アフター)を徹底的に覚えて頂きます。
調査 機材のメンテナンス/設置/操作方法/調査業務全般/報告書の作成/映像の編集
営業 相談/計画/報告/アフター/法律(弁護士による指導)
給料 当社規定にて支給
   衣食住当社全額負担

・独立開業支援

・当社が行う雇用は他社と大きく違います。
約3年6ヵ月を掛けて探偵技術、営業、法規等々我流探偵平松直哉の技術を120%学んでいただき本物の探偵職人としての必要な要素をすべて習得して頂ける独自のプログラムです。
その為、探偵学校の費用等は一切不要、実践のなかで探偵技術を習得し自信をもって独立して頂くのですが本来平松が持つ技術は他社の探偵社では学ぶことのできない独自の技術が多数ある為一般的な営利目的の探偵学校等と比べ厳しい師弟制度を採用しています。
その後開業を認めた方だけ独立開業して頂くのですがその後においてもFC加盟金、ロテヤルティー、販促物の購入等の強制等も一切ありません。
必要なのは前向きな姿勢と熱い思いだけをもって一度当社にご相談下さい

TOP

相談者・依頼者支援

我流探偵道

当社関係サイト