次のお約束を必ずお守りください。


@、中途半端な考えや気持ちで行うことは絶対しないでください。
 一部の内容には、犯罪に抵触する恐れがありますが常識の範囲内で考え自己責任のもと行ってください。

A、自分でできることはして自分でして他人を巻き込まないでください。

B 目標を明確に定めてください。
本書は作成上、離婚を目的としている方向けに限定して作成しています。その為の情報であり資料です。
不貞の事実を突き止めて相手に対し権利・義務の侵害として訴え離婚をするというのなら問題はありませんが離婚する意思のない方、事実を真摯に受け止めれない片、感情に走り我慢のできない片、といった方、
事実が判明してから考えようという方は決心してから必ず実施するようにしてください。
C 対象者は、配偶者であって交際相手や第三者に対しての調査行為は絶対しないでください。
D 第三者より依頼を受けて尾行・張込・聞き込み等、探偵業務行為をする場合、探偵業法に基づく届出を  各都道府県公安委員会にする必要性があります。 無許可で行った場合、各都道府県にて定める、迷惑  防止条例・探偵業法違反等法律に抵触する恐れがありますので絶対に行わないでください。
E 問題に関する知識(法律)は必ず勉強してください。
・婚姻とは
・夫婦間における権利義務とは
・離婚理由と証拠となるもの
・調停の仕組みと証拠の必要性等々  
Fこの調査を行うために多くの機材を必要とします。 捜査に自信のない方は実戦での使用はお辞めください。
 必要とする機材
 パソコン(動画処理が出来るハイスペックなもの1台)
 ビデオカメラ 1台 一番大きい電池3個 急速充電器
 デジタルカメラ 
 記録型GPS機器2台 地図ソフト
 検索型GPS機器2台 
 三脚・ボイスレコーダー・
 その他部材           最低30万円近くの費用が掛かります。

・機器操作はマニュアルを熟知してください。
・十分理解したうえで何度も練習してください。 
・機器の操作は余裕をもって行ってください。

G調査は感情でするのではなく計画的に行ってください。
無茶な調査行為は後々後悔することになります。 また失敗した場合、それが離婚理由として慰謝料等請求される恐れがありますが当社は一切その責任を負いません。

H 調査上のリスクについて
・調査に失敗することは、対象者の警戒をあおる怖れが十分に考えられます。中途半端な状態で相手に追求 することは止めてください。
・調査失敗により、刑事上の責任、民事上の責任を負うことがあります。
 万一ご自身が逮捕・交通事故を起こした場合、子どもは誰が見るのですか? 
 一時の感情で行うのではなく本当によく考え方かのみが実施してください。

I 同意の確認
  上記について同意を頂き、自己責任で実施する方はサイトにログインしてください。
  自分でできない方は、当社相談窓口にお電話を頂ければ私たちがお話をお伺いします
  ログインパスワードは39708です。 
  上記に承諾してログインする。     当社に相談する。

TOP

相談者・依頼者支援

我流探偵道

当社関係サイト