盗撮の手口

盗撮犯罪の手口を書くと、それをみてマネをする方が一気に増えてきます。
盗撮機材を「気をつけて下さい」という意味で掲載したとしたら、その行為は「防犯」と称して販売する業者と同じです。

いつになっても盗撮犯罪の手口を公開しても追いかけっこが現状なのですが今回リニューアルすることについてもっと女性の方に現実を知って頂きたいので視点と手口を明確にするためにリアルな現状を公開しています。 不愉快に思われる方もいるかとは思いますが、ご理解の上よろしくお願いします。

盗撮被害に遭う場所と被害者になる恐れるある方

貴方を狙う盗撮は、日常生活の中にあると言っても過言ではありません。
自宅・勤務先・立寄先・旅行先のどこに居てもカメラがあることをまずは頭に入れて下さい
盗撮映像の実態調査をしているなかで、映像のタイトルから分かるとおり、年齢-JC(女子中学生)・JK(女子高生)・ OL・お姉さん ・人妻・熟女・体型-巨乳・貧乳・アスリート・ぽっちゃり・横綱級の豊満熟女や 性別-男性も女性も関係がありませんそれと盗撮には、服を着ていても、着ていなくても関係がありません。これが実態と現状なのです。

盗撮場所  

まず、盗撮場所についてですが、冒頭でも書いたとおり、自宅・勤務先・立寄先・旅行先といった日常生活の中すべてに存在します。  
下記では、撮影されている実際の盗撮映像をインターネットで見つけて掲載していますので、不愉快に感じる方はご覧にならないようにして下さい。 また人物を特定できる部分・猥褻な画像には当社にて処理をしております。  

浴場盗撮  

-浴室・露天風呂・脱衣所・更衣室等、通常衣類を着けないで居る場所での撮影行為-
当会が解析し浴場施設は、全国で130ヵ所以上 国外1ヵ所あります。 
和歌山を中心に全国の温泉施設に渡り撮影されたものが、猥褻なDVDやインターネットで膨大な量のものが存在しますが撮影しているのは露天風呂の望遠盗撮と一部施設従業員が撮影しているものもありますが大半が女性が女性を撮影しているのが大半です。

風呂盗撮の映像から犯人の手口を解析します。 

浴場盗撮には、置き撮りと追い撮りという通常2種類の方法で撮影されています。
脱衣所盗撮1 脱衣所盗撮2 脱衣所盗撮3 
脱衣所盗撮1と脱衣所盗撮2で見る限り、1は追い撮り・2は置き撮り
だと思うのですが、2の写真は画像の淵が円形にあることからピンフォールレンズを使用していることからカバン等に入れ撮影している盗撮と思います。 写真1には、ありませんからCCDでの撮影ですから
その他の動きを考えたらお風呂セットでの盗撮と思います。
脱衣所盗撮3の映像は野外の露天風呂の脱衣所ですが、画角や映像から見て望遠盗撮と思われます。


浴槽内の盗撮の大半は、お風呂セットに仕込んだカメラでの盗撮なのですが、下記の写真1~4で
すべて撮影方法が異なっています
浴槽盗撮1 浴室盗撮2 浴室盗撮3 浴槽盗撮4 
浴槽盗撮1と2は、お風呂セットによる追い撮り、浴槽盗撮3は施設外の塀の外から撮影しています
浴槽盗撮4は、施設関係者が換気口から撮影している映像なのですが、浴槽盗撮3.4の場所は現地にて
当会が確認した結果に基づいています。

露天風呂望遠盗撮1 露天風呂盗撮は山影から望遠撮影のできる機器で撮影しています。

脱衣所内1.2. 浴場盗撮1.2.3 の盗撮の撮影は女性・その他の盗撮映像は男性が撮影しています。
風呂盗撮についての機器はお風呂セットが大半なので風呂セットをもって露店から浴室・脱衣所とウロウロとている方は要注意ですのでそのかごを操作しているのが確認できた場合、店員にお伝えください。

露天風呂盗撮は、自分が見て景色がいいお風呂は、盗撮犯が狙っている場合が多いです。タオルを巻くなりしてディフェンスをしてください。
 

・衣類盗撮

下着等 着衣している衣類(下着)等を覗き見し撮影する行為

他のことをしていて気が取られている隙を狙って女性を狙う盗撮なのですが、
これら映像はインターネット 盗撮掲示板より収集した画像を処理しているものです。
 
盗撮事例で多いのが、書店や物品販売店の盗撮です
衣類盗撮1 衣類盗撮2 衣類盗撮3 
本を読む・作業中・買い物中といった対象者の気が何課に集中しているときに背後から撮影されます。

電車の中での盗撮
衣類盗撮4 衣類盗撮5 衣類盗撮6 
 最近では携帯電話を触っているときや寝ているときに盗撮
 されている画像がインターネット等で流れています。
 
 また電車内の座席に座っている場合、窓から入る光がスカート内を
 明るく照らしその光源を利用して撮影されている盗撮も多いので
 すが最近のカメラは高感度ですからあまり関係はないのですが
 ※盗撮している風の画像なのですが間抜けなものがネットに
 ありましたので・・・
公園や野外での盗撮
衣類盗撮7 衣類盗撮8 衣類盗撮9 衣類盗撮9 衣類盗撮10 

盗撮の犯行に使用している手口
カメラ付き携帯電話・スマートフォン以外にも様々な機器を使用して撮影しています。
靴カメラ


カバンカメラ  様々な偽装品カメラ
 
カバンカメラ(内部)                ライター型カメラ

眼鏡型カメラ      車両電子キー型カメラ    ガム型カメラ
  
モバイルバッテリー型カメラ 腕時計型カメラ

・室内盗撮

-自宅内の様子を室外から撮影する盗撮- 
-室内に侵入し偽装品カメラ等で撮影する行為-

自宅内といっても安心は一切出来ません。 特に高層階に居住の方なんかは、窓を開けている方が多い。
またハイツ・マンション等においては外を見る為ののぞき穴か換気扇・窓の隙間などから盗撮されている者も多く見られます。
一軒家の場合は、浴室が狙われている場合が多いです。

室内盗撮1 室内盗撮2  
マンションの高層階や、女性専用マンション、若い女性が居住する家は盗撮犯に狙われるのですが、
その大半は、自宅だからと無防備な姿でいると盗撮されることが多々あります。遮光カーテンや戸締まりはいうまでも無いのですが、高層階の家は無防備になりがちです。


室内盗撮3 室内盗撮4 
家庭内の浴室は、通常のビデオカメラやスマホ以外にも最近ではファイバー式カメラで撮影されています。これなら窓が開いてなくても換気口から盗撮するのです。


窓のカーテンを閉めていても、ドアののぞき窓から室内を撮影される場合があります
室内盗撮5 
  

・トイレ盗撮

-女子トイレ内にて侵入し機器を設置し撮影する行為-
トイレ盗撮についてもインターネットには多くの動画が確認できるのですが、和式・洋式トイレに関係なく撮影されています。 各写真のところのあるもの、四方八方に目を配ることにより盗撮の被害は少なくなると思います。

和式トイレ前  和式トイレ後 和式トイレ横 和式トイレ上 

洋式トイレ前  洋式トイレ下  洋式トイレ後 洋式トイレ上    


トイレでの盗撮は巧妙すぎてすべてのことを説明しにくいのですが、盗撮犯は様々なところにカメラを設置しています。 最近とくに目立っているのは、多目的トイレでの盗撮です。

その手口の一つとして、
  
コンセント型        スイッチ型        煙探知型カメラ


芳香剤型カメラ  これ以外にも死角となりやすい場所(貯水タンクの下・手洗いの下) 便器の中、センサー内部、棚の中等様々な場所から盗撮されています。 

ANNニュースで犯行手口として公開されて盗撮の手口映像です。

・更衣室盗撮

-最近多いのが、更衣室や試着室内で行われる盗撮-
教室・更衣室・イベントの試着室・販売店の試着室等で施設関係者が行うものですが、マジックミラーや隠しカメラでの盗撮が行われています。


企業更衣室1 企業更衣室2 病院内更衣室  教室内盗撮1 教室内盗撮2

 左の映像は、某有名女子高盗撮映像のシーンなのですが、これを
 撮影したのは女子高生です。 某中部地方での盗撮事件として
 一時は多くのメディアにて取り上げられました。 
 更衣室や脱衣所などで盗撮している場合に女性が潜入して撮影して
 いる場合もあります。それ以外に建屋管理者や室内に入ることのできる 業者が設置している場合もあり、一概に機器を説明することはできませんが、上記に挙げた機器以外にも偽装品として紛れ込ませて盗撮しています。

 ACアダプター型カメラ  ポット型カメラ      フック型カメラ
   
 時計型カメラ            ペン型カメラ      LED型カメラ 

・赤外線盗撮

-赤外線放射機器や高感度カメラなどで、暗闇や車内での痴態行為を盗撮-
-衣類を着けている上から透視撮影する盗撮-

赤外線盗撮は、衣類の着衣の有無や夜間の公園やスモークを貼った車内を問わず盗撮する行為です。
赤外線盗撮1 赤外線盗撮2 赤外線盗撮3 衣類盗撮1 衣類盗撮2 衣類盗撮3 

赤外線盗撮には、夏場の日中にレンズに特殊なフィルターを装置して衣類を透視して撮影する方法と

赤外線光線を投射し撮影する方法とあります。 

 
赤外線を投射している機器は、携帯電話のカメラモードで確認できますが、すべてのカメラではありません。 また、赤外線を投射せずに撮影する超高感度カメラもあります。

・ホテル盗撮

-ラブホテル等に仕掛けて利用者の行為を盗撮する行為-
ラブホテル・民宿・ビジネスホテル・旅館・レンタルルーム・民泊と至るところで撮影されたという被害報告が当方にも寄せられています。 本来なら守られるべきプライベートな空間においても盗撮犯罪を貴女を狙っています。
ホテル盗撮1 ホテル盗撮2 ホテル盗撮3 

ホテル盗撮の手口は、偽装品カメラでの撮影がより巧妙に仕込んだカメラで盗撮している以外、

マジックミラー盗撮などで撮影しています。


上記のカメラは、NET通販や防犯カメラ販売店・PCショップなどで「防犯カメラ」として販売されている偽装品カメラのほんの一部です。 この使用目的が正当な理由での使用なら問題はないのですが、卑劣な盗撮犯罪に使われているのは言わずとして分ることです。 こんな商品が街中で販売し誰でも簡単に購入できること事体に脅威を感じるのは私だけでしょうか?
このような商品の販売を規制する必要があると私は思います。 

カメラは見た目ではわかりません。-

上記に挙げたカメラは見た目で発見することは至難の業です。
その理由として、カメラは精巧に作られ身の回りの生活品の中に紛れ込んでるからなのですが
実際に販売されているカメラユニットです。

この小さな基盤の中に、カメラ・メモリー・リモコン回路が組み込まれいてまい。

仕込まれているこれら盗撮カメラを探すのは、私たちプロでも至難の業です。





 index

当会について

MEMBER 会員限定